老朽化が進む前に予防しておきたいですね
株式会社大堀建設工業

老朽化が進む前に予防しておきたいですね

 

夕暮れ時のなんとも言えない涼しい風が、まさに秋が来ていることを実感させてくれるのですが、それでも時折急に暑くなったりするので、まだまだ残暑にも油断ができないなと感じています。

 

こういった時期は、お家のインテリアなどを含め、季節感を大事にしていると夏と秋、どちらに合わせたらいいのか…正直悩んでしまいますよね。

 

ちなみに冬から春にかけても同じように悩みやすい時期なのですが、皆さんはこういったグレーゾーンのシーズンにはどちらに合わせて過ごすのでしょうか。

 

その時期だけでなく、毎年ごとの気温の変化などをチェックしておいてそれに合わせるという人もいるのかもしれませんが、私はいつも正直何となくで衣替えなどをしてしまいがちです。

 

学生時代などを思い返すと校則などで衣替えの時期も決まっていたような気がしますが、大人になってしまうと、制服以外ははっきりと決まっていないことが多いので、自分のさじ加減で決めなくてはならないのが、なんとも言えません。

 

とはいえ、これから風がどんどん冷たくなってくるだけでなく、天候の変化も多くなり台風が来たり、秋雨前線が生まれたりして、だんだんと不安定な天気の日が多くなるため、どうしても足元が悪くなるだけでなく、台風などで家にも負担がかかりやすくなるため、家の傷んでいる部分や、老朽化が進んでしまっている部分でトラブルが起こりやすくなります。

 

特にお家を過去に大きくリフォームしていたり、増改築を行っている場合などは、家に予期せぬ継ぎ目などがある場合も多く、そういった場合は通常そのまま建てた家よりも、雨漏りや隙間ができるなどのトラブルが起こりやすくなっている場合も多いです。そういった場合に雨漏りなどを放置しておくと、さらにほかの部分にも影響を与えて、老朽化部分が広くなってしまう可能性もあります。

 

そういった事態を予防するためにも、お家の状態で悩む前にあらかじめお家の状態をチェックしておく、というのも予防策としておすすめです。さらにお家が傷んでいる場合には、お家の中の配管等の設備に関しても老朽化していることが多いです。

 

ステイホームでおうち時間が長い中、快適にリモートワークやオンライン授業を受けるためにも、あらかじめトラブルが起こりそうな部分は早めに対策を打っておくのがおすすめです。

 

さらに、リモートワークなどで在宅時間が増えることによって、これまでの生活スタイルや基準とは、お家に求める環境というのが大きく変わっていく可能性が十分にあります。

 

だからこそ、お家の過ごしやすさや、在宅ワークと今の住環境の相性というのも見直してみると安心です。

 

まだまだ当分は今の生活が続く可能性もありますし、今回のコロナ禍での働き方の変化に伴って、今まで住んでいたお家の間取り自体も見直して、ニューノーマルな生活に合わせた家づくりを考え直す良い機会であるともいえます。これまでのオフィスで得られていた仕事環境に近いものを自宅に持ってくるというのは、これまでの生活スタイルに合わせている家の間取りではかなり難しいです。

 

特に仕事用のスペースとプライベート用のスペースを分けるというのは、もともと在宅でお仕事をしているという人以外は、ほとんど考えられていないので、その結果仕事をしたくてもプライベートで邪魔があるため思っているようなスムーズな作業や仕事ができない環境になってしまっているということも多いです。

 

だからこそ、お家の内装などのリフォームだけでなく、設備面まで幅広くお客様のニーズに対応できるリフォームのプロ、株式会社大堀建設にご相談ください。

 

間取りのリフォームはもちろん、在宅時間が増えることによって気になりやすいキッチン回りなど、設備面も含めたより良い家づくりをサポートいたします。

 

Access

都市部だけではなく関東の幅広いエリアへ頼れる職人を派遣しています

概要

店舗名 株式会社大堀建設工業
住所 埼玉県新座市栄2丁目10-24 サンライズナミキ101
電話番号 048-423-2785
営業時間 9:00~20:00
24h緊急対応
定休日 なし

アクセス

埼玉や千葉、そして神奈川などをはじめとする関東の各エリアにて住宅の改修や修復を検討されている場合は、ぜひお問い合わせください。様々なトラブル・ご要望に対応できる経験豊富な職人を派遣し、ベストなご提案を行います。
RELATED

関連記事