外壁工事は必要
株式会社大堀建設工業

外壁工事は必要

 

家の外壁って、気にしたことありますか?

新築のときはキレイな真っ白の外壁だったのに・・・

年数が経つと、どんどん黒ずんでいるって事ありませんか?

または、ひび割れや苔やカビなどは大丈夫でしょうか?

外壁はリフォームを行う際に、皆さん見逃しがちな場所です。

ですが、外壁の老朽化が続いていると家の耐久度も下がりますよね。

外壁工事はどうして必要なのかについてお話します。

 

 

外壁塗装は本当に必要?

 

先に結論を言いますと、外壁塗装は絶対に必要です!

たまにネットなどで、「外壁塗装は必要ないのではないか?」という意見も目にします。

外壁は一番の目的は防水です。

 

 

特に雨漏りは、家の中に水が入ってくることが不便だとしか考えていない人もいます。

実は、外壁ではなく屋根から部屋の天井までのすべての部分に水が入ってしまっていると言うことです。

つまり、外壁のひび割れなどから部屋の天井まで水浸しになってしまっているのです。

ということは、建物自体の老朽化も進むということです。

 

 

木造の場合は、木が雨漏りで腐ってしまう場合もありますよね。

外壁塗装は、いくらキレイに見えても紫外線や雨風によって外壁は剥き出しの状態になります。

外壁は、防水加工などがされていますが耐用年数は決まっています。

雨漏りだけではないですが・・・

 

 

劣化してしまうと、家の強度も下がってしまいますよね。

外壁塗装はいくらキレイに見えていようと、必ず必要なのを頭においていてほしいです。

 

 

ty

外壁塗装の目安

 

皆さんの家の外壁塗装はどのくらい前に行いましたか?

まさか・・・築年数が結構経っているのに一度もないって人はいませんよね?

 

一般的に、外壁塗装は10年が目安となっています。

外壁塗装に使用される塗料の耐用年数や、日の当たり具合や雨や風などの状況下でも変化はします。

特に心配なのは、屋根は強い紫外線が当たりやすいので劣化が激しいと言うことです。

特にヒビなどが入っている外壁は、少しでも早く塗装をしなければいけません。

短くて5年、長くても10年に一度の定期的なメンテナンスはしたほうが良いのです。

 

外壁塗装は、早めに補修を行うことで予算が安く上がるメリットもあります。

何事も、大きな修復にはどうしてもお金がかかってしまうものです。

定期的なメンテナンスやリフォームは、将来的に大きな出費になる可能性が極めて低くなります。

その時はお金がかかると思っていても、長い目で見たら安く済む可能性が高いのです。

 

5年を目安に、積立をしていくことで無理をすることなくお金を用意することができます。

 

・著しいチョーキング

・色あせ

・幅0.3mm以上のひび割れ

・無数の傷

・サビ

・苔・藻

・塗膜の膨れ

・塗装のはがれ

 

この中で、1つでもあるのであれば早めに外壁塗装をする必要があります。

 

あs

外壁工事の種類

 

外壁の話をしていますが、正直どのような工事をするのか・・・

外壁をキレイにするのはイメージできると思います。

ですが、どのような工事をするのかはわからない方もいらっしゃることでしょう。

外壁工事とは、家の外の壁をキレイにするのが目的ではありますが・・・

 

ただキレイにすることが外壁工事ではありません。

 

・塗装工事

・カバー工法

・張り(取り)替え工事

 

この3種類が基本的な外壁工事の種類です。

 

それぞれの種類についてご説明します。

 

塗装工事

塗装工事とは、今ある外壁の上に新たに塗料を塗ることを言います。

一般的には防水を目的とし、メンテナンスとして利用している方が多いです。

外壁はお話したとおり、雨風や紫外線によって塗装の防水性や耐水性が日々劣化しますよね。

外壁がひび割れたり、雨漏りにならないように5年ほどでメンテナンスを行うと良いでしょう。

 

カバー工法

カバー工法は、今ある外壁を撤去せずに新しい外壁を貼り付ける工事のことです。

建物内の雨漏りが進行していない場合に行うことが多いです。

金属系のサイディングボードを用いるのが一般的な方法になります。

撤去しない分、価格も安価で工事が可能です。

 

張り(取り)替え工事

そして、一番外壁工事の中でも大変なのは張り(取り)替え工事です。

今ある外壁を撤去して、新たな外壁を貼り付ける工事のことを言います。

雨漏りなどになってしまっている場合は、この張り(取り)替え工事が必要です。

ひび割れなどが起きている外壁などは、張り(取り)替え工事が有効的だと言えます。

大掛かりな工事でもあり、全面張り替えが一般的ですので予算がかかります。

ですが、重ね張りという手法にすることで費用を抑える方法もあります。

全面撤去とは違い、費用は抑えられるものの既存のサインディングとの不具合があることもあります。

 

それぞれのメリットやデメリットを理解しながら、外壁工事でメンテナンスを行いましょう。

 

v

外壁工事の必要性

ここまでお話をしていると、外壁のメンテナンスや工事の必要性を感じたと思います。

外壁塗装工事は、塗料によっても価格も耐久年数も違います。

ご自身の思っている費用と相談しながら、必要に合わせて塗料を選びたいですよね。

また、どの程度の外壁の劣化具合かによっても必要な工事は決まっています。

 

外壁のメンテナンスは、早ければ早いほど少しの工事だけで済みます。

また、費用も安くなりかかる工事の期間も短いのが特徴です。

見た目はキレイでも、近くで見るとヒビや著しいチョーキングなどが起こっている場合もあることでしょう。

 

ご自身の外壁はどのような状態でしょうか?

今まで外壁工事を行ってきたでしょうか?

雨漏りになるまでに、外壁のメンテナンスを行っていきたいものですよね。

 

築年数5~10年は、外壁工事の検討時期となっています。

また、築年数20年は重ね張りや張り替えの検討時期となっています。

一般論ではありますが、こちらを目安にメンテナンスは行っていきましょう。

 

塗装工事には約1~2週間、重ね張りには約2週間。

張り(取り)替え工事には約2~3週間、補修工事には1日~1週間程の期間がかかります。

足場の設置や解体などにも工事の期間は含まれています。

また、外壁の劣化が激しい場合は多くの期間がかかることもあるのです。

工事期間を無理やり短くしたり、人件費を削減している場合は十分な工事を行っていないことがあります。

 

株式会社大堀建設工業は一切そういったことはしないので安心してくださいね。

 

大規模な工事だけではなく、補修しなければならない部分に必要な工事のみを行うこともできますので、雨漏りなど緊急性を要する状況でお困りの際もぜひお問い合わせください。

これまでに多くのお客様からご好評いただいているポイントの一つに、技術力の高い職人を派遣している点が挙げられます。

豊富な経験と知識を有している職人のみをお客様の元へ派遣し、ベストな工事を実現できるよう努めていますので、安心してご依頼いただけます。

内装などは、毎日目がいくのでリフォームを考える方も多いです。

 

とは言え雨や風、紫外線などから守るのは外壁ですよね。

外壁が劣化したままでは、雨漏りだけでなくシロアリなどの被害も起こる可能性があります。

今まで外壁工事を行ってこなかった方も、これを機にメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。

いつまでも安心できるご自宅に整えるためのリフォームをさせていただきます。

 

外壁工事について気になることがあれば、ぜひご相談してください。

 

お客様にあったオーダーメイドを基本に、大切なお家をお守りさせていただきます。

s
Access

都市部だけではなく関東の幅広いエリアへ頼れる職人を派遣しています

概要

店舗名 株式会社大堀建設工業
住所 埼玉県新座市栄2丁目10-24 サンライズナミキ101
電話番号 048-423-2785
営業時間 9:00~20:00
24h緊急対応
定休日 なし

アクセス

埼玉や千葉、そして神奈川などをはじめとする関東の各エリアにて住宅の改修や修復を検討されている場合は、ぜひお問い合わせください。様々なトラブル・ご要望に対応できる経験豊富な職人を派遣し、ベストなご提案を行います。
RELATED

関連記事